腰の毒出し

70歳、腕の上げ下げ、座る立つが不自由。毒出しで軽くなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

入院を期に関節の曲げにくさを感じていた

このようなお悩みで赤い点々のクヴィーテにご来院されました。


 昨年9月に腸閉塞の手術をして、入院生活になってから、お尻に力が入りにくくなり、そこから座ったら足に力が入りにくくて立つのに苦労する。

どこが痛いかが特定しづらいが、特に右足の太ももの外側と膝の内側にかけて痛みが出ることが多い。

また、4月初め頃から両方の二の腕辺りが重たく、特に左手が上がりにくい。


お年も70歳を超えられていて、廃用性症候群なども氣になっていらっしゃたのかもしれません。

※廃用性症候群とは、安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下等を指す。@wiki

腕の上げ下げがぎこちなくなったり、座ったり立ったりするときに臀部や膝のあたりにも突っ張る感じがありました。

こちらは腰周りを施術したあとの写真。

関節の曲げ伸ばしを確認しながら、氣になるところを施術していきました。全体で2時間ほど。

腕の上げ下げが軽く、座る立つも軽くなった

以下のようなご感想をいただきました。

Q. ご来院いただく前はどんなお悩みがありましたか?
A. 腕の上げ降ろし、座ったり立ったりの不自由さ

Q. そのお悩みに対して今までどのようなことをされてきましたか?
A. 整体に通っていた。

Q. それをしてどのような変化がありましたか?
A. 全く変化がない。

Q. 施術後、そのお悩みの症状は今どうでしょうか?
A. 腕の上下が軽く、座ったり立ったりが軽くなった。

Q. 同じ症状で悩んでいる方に向けて、何かメッセージをお願いします。
A. 教えてあげたい。

今回ご相談いただいた方は太極拳の講師をされるなどして、日頃から身体の動きを意識されていたのでしっかりされていましたが、一般的にお年を召されてくると、常識によって、機能の回復は難しいと思い込みがちです。

しかし、体の機能は年齢によって不可逆的に低下していくわけではありません。栄養状態、血流やリンパ液の還流の具合、体の中に溜まった毒物のあるなし、筋肉のしなやかさ、コンディションを整えていけばいつだって機能を回復できますし、若い頃より元氣になることだってできます。思い込みに囚われずに健康を高めていけると良いと思います。

お役に立ててよかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

痛みとコリを解消する7つの質問、新しくやることゼロ!意識するだけで。

この痛みやコリなんとかしたい。痛みやコリがあれば何かをしなければいけないと思いませんか?病院に行かなければ、整体や治療院、マッサージに行かないと、、、何か手軽にできるエクササイズを始めないと、、、。ちょっと待ってください。

その痛みとコリを解消するには、何か新しいことを始める必要はないかもしれません。痛みとコリの本当の原因を知り、余計なお金や時間を使わずに丁寧に生活をするだけで充実した生活と快適な体を取り戻すことは可能です。

この無料レポートでは生活の中で、意識するだけで体と心のバランスを整えていく魔法の質問を7つしています。病院や治療院に行く前に、まずはこの質問に応えてみてください。その痛みとコリがさっぱりして氣持ちが晴れやかにスッキリしていくと思います。

Ebookをダウンロード

人気の記事一覧

最近の投稿

コメントを残す

*